【妊娠19週目】オレ、ワタシ?ママとパパには秘密裏に暴かれるジェンダー。

【妊娠19週目】オレ、ワタシ?ママとパパには秘密裏に暴かれるジェンダー。

ママやパパにはまだ性別がわかっていませんが、 お腹のなかではひっそりと男の子と女の子の発達が行われています。

男の子の場合:

どんどん発達は進んでいます。男らしく男性生殖器官(ちんちん)もほぼ完成しています。 精巣が現れて妊娠10週目頃からテストステロン(男性ホルモン=筋肉増大、体毛の増加、タンパク質同化作用の向上)が分泌されています。陰嚢( いんのう=玉)もはっきりとしてきました。

女の子の場合:

女の子なら、もう生殖器官(膣、子宮、卵管)は完成しています。 卵巣の中になんと600万個以上!の原始卵細胞がつくられています。

生まれる時には約100万個まで減少します。それが彼女が生涯持つ卵子のすべてなのです!!!! すごいことですよね。 ママの卵子はママと同じ年であるということです。ママが30歳なら卵子も30歳なのです。卵子は妊娠の為に解き放たれるのを待っていたとは、とても神秘的なことです。 

性別にかかわらず、赤ちゃんは頭や顔や体中にクリームを塗っておしゃれをしているようです。 胎脂と呼ばれるクリーム状の物質(白っぽい脂肪分)を作り始めます。胎脂は赤ちゃんの肌を守るバリアで、敏感な肌を羊水から守ってくれている(肌にうるおいを保ってくれる)のです。赤ちゃんが予定日より早く生まれた場合は、胎脂に守られた状態で生まれてくることがよくあるようです。予定通りに生まれた赤ちゃんでも皮膚のしわに少量ついているようですが、多くは消えているようです。胎脂は出生後も環境の変化で新生児の肌が乾燥しないように守る働きがあります。

その為、病院によっては生後しばらくの間は胎脂を付けたままにしておく場合もあるようです。又、他の不要物を取り除くために出生後すぐに産湯(うぶゆ)に入れて胎脂を流す病院もあります(昔は産湯の中に酒や塩をいれて丈夫に育つように願ったとも言われているようです)。

胎脂を落とすベストなタイミングは解明されていませんが、胎脂は肌を暖かく守って外の世界に順応する為に助けてくれるのです。

赤ちゃんの大きさは約18センチメートル、200~225グラムです。 この時期、赤ちゃんは串本の波にのったかのように急成長するようです。きっと赤ちゃんはお腹の中で性別も決まって、よしいくぞ!と成長する目標もきまったのかもしれません。

ママのこと

ちょっと嫌な言葉ですが、ママの「おでこ」や「ほっぺ」に黒いシミが現れているかもしれません。

汚れとは違い妊娠の症状なので洗い落とす必要はありません(妊娠黒皮症や肝斑と呼ばれる)。「お腹から恥骨」に黒っぽい線も出て来ているかもしれません。 ホルモンによる症状ですが、必ずママに現れるものではありません。

黒いシミや線は赤ちゃんが生まれた後は徐々に消えていきます。 太陽に皮膚が当たると、色素をより黒くするようですので、日焼け止めを使って日陰にいましょう。 パパはママと外出中に外を歩くようなことがあれば、 さりげなく影に入れてあげると嬉しいようです。(と、嫁さんは言っていました。。。)

お腹の片側がいたい!「円索痛」というお腹がいたくなる症状があります。 「円索」とは、子宮を支えている子宮円索のことで、子宮の横から両足のつけねに向かって伸びています。

子宮が大きくなっていますので、子宮円索が伸ばされていき、 お腹の片側に鋭い痛みや鈍痛を引き起こすのです。 この痛みは、イスやベッドから起き上がったり、突然姿勢を変えたり、界王拳4倍に挑戦した時に、よく現れます。

ホルモンによる不快感は様々ですが、休養してリラックスするのが最も良い薬です。 「円索痛」は一般的な症状ですが、ひどく痛みが続き心配ならお医者さんに相談しましょう。

おまけ

母乳の為に乳首を鍛えるの? 実にオールドファッション、80年代の昭和アドバイスです。胸を刺激すると子宮を収縮させるホルモンを促進させて有害な場合もあるので注意が必要です。

ただし例外もあります、刺激を受けると凹んでしまう陥没乳頭の場合は、 お医者さんが出産後母乳が出やすくなる方法をアドバイスしてくれるでしょう。パパは自分の乳首を鍛えて満足して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*