【妊娠14週目】ブライアンホークみたいに動けるようになったんだ。

【妊娠14週目】ブライアンホークみたいに動けるようになったんだ。

顔の筋肉がうにうに動きはじめました。 口を開けたり閉じたり、パパの寒いジョークに つきあって引き気味の笑顔を作ったりしています。

顔の筋肉だけではありません、気管、食道、声帯などもちゃくちゃくと配置されてきています。

声帯ができたので「声」を出せるのかな? 今は羊水の中ですので、風呂場で何秒息を止めれるかとぶくぶくしていた小学校高学年の時に湯船の中で話そうとした時のガボォみたいにしかなりません。産声をあげる為に準備しています。

赤ちゃんの体の各パーツはあるべき場所に引っ越しを始めています。目は顔の上部に、耳は首から頭の側面に、口蓋(こうがい:口中の上部分あたり)は顔の後方に移動しています。アゴも完成しています。

赤ちゃんの大きさは8~11cm、55g程度です。平均的なお茶碗一杯のごはんが160~180gとすると3分の1ぐらい。口の中にも頑張れば入るぐらいでしょうか。

さて、赤ちゃんの手足がもぞもぞ動いていませんか? 神経と筋肉が機能し始めました。現在の動きはブライアンホーク並みに変則的ですが、徐々にデンプシーロールの様に規則的になっていきます。宮田にカウンターを食らわないように注意しましょう。

ママのこと

子宮底長とはご存知ですか?病院で子宮底長(子宮底と呼ばれる恥骨の位置~子宮の上部までの距離)を測定して母子手帳に記録されるのですが、その大きさから妊娠の進捗を知ることができるのです。24週頃からは、目安ですが「子宮底長=(妊娠週数-2)cm」になるようです。 つまり、24週では22センチメートルです(25週=23cm… 40週=38cm)。 30cmといえば、私が連想するのはランドセルからはみ出ていた30cmの物差し。40週まで大きくなるとランドセルの大きさ程度なのでしょうか。大きさ心配ですよね。 不安や喜びをパパと共有して不安を解消できたらいいのかなと思いました。

(うんちく:昔は腹囲や子宮底長を測ることで赤ちゃんの成長を診断していましたが、 現在では超音波検査で赤ちゃんの様子がわかるので、子宮底長は補助的な検査として行われているようです。)

変な絵で失礼いたします。鼻づまりです。アレルギーか妊娠の症状か 息苦しさを感じるママが沢山います。(ママの血行は赤ちゃんの為に増加しているので、鼻の粘膜に流れている血流も増えて腫れるため鼻づまり(妊娠性鼻炎)がおきるようです)明確な解消法は無いようです、、、が、乾燥を防ぐ為に加湿器を使用すると予防になります。人によっては症状が重くて寝れない方もいます。妊娠期間中でも飲める薬はあるので、産婦人科や耳鼻科などでご相談してはいかがでしょうか。風邪がきっかけで鼻炎が発症することもあるようですので、風邪にもご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*