一緒に行きたい、連れてって!という娘の「宿題ストレス」。どんぐりクラブの絵沢山描いてよー。

とまだ娘に言ってもらえている。

どこかに私一人で行くと。

「一緒に行く!」

「今日は一人で行かないといけないから、連れていけないんだよ」

というと落胆。

このリアクションもいつまでしてくれるだろうか。

最近分数の足し算だったり、小数点の掛け算をやっている、難しくなってきていて「宿題へのストレス」が出てきているようだ。

宿題=ネガティヴ

で連想してしまっている。

学校で同じ事をひたすら書かして、機械の様に繰り返して宿題をやっている時がある。

頭に入っていないようだ。

「どんぐりクラブ」という算数の問題を絵に書いて理解する教育の形があるんだけど、これはとても良い。

どんな複雑な問題でも、絵に書き出せば理解できるんだよ。と伝えてあげたい。

娘にはどんどん絵を描いて欲しいと願いつつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*